任意整理と個人再生

専門家に相談する前に少しでも任意整理と個人再生について知ろう
MENU

個人再生を利用するには継続して返済できることが条件

消費者金融や銀行のカードローンはいざという時に大変便利に借入れすることが可能ですが、それゆえに無計画に多額のお金を借りてしまって気が付いたら借金がとんでもない額に膨れ上がっていたというケースは少なくありません。
このような場合、債務整理を行うと借金に苦しまずに整理することが可能です。
債務整理にはいろいろありますが、その中のひとつに個人再生というものがあります。
個人再生のメリットは借金の総額が原則として5分の1にカットされるので、毎月負担なく借金を返済していくことができます。
また、競馬やパチンコなどのギャンブルでの浪費であっても利用でき、マイホームを手放さなくても個人再生を受けることが可能です。
しかし個人再生は自己破産のように資格制限がないといっても、これを利用するためにはいくつかの条件があり、この条件をクリアしなければ利用することができません。
3〜5年で継続して返済し続けなければならないので毎月安定した収入があることが条件です。
もうひとつは、払い続ける意思があることもとても重要になります。
自分で裁判所に申し立てを行うことができますが、多くの書類を作成しなければならないので法律の知識がなければ時間と手間がかかってしまいます。
また債権者との交渉にも応じなければならないので、交渉力が求められることになります。
個人再生の認可をスムーズに進めるためには、法律を熟知した専門の弁護士を通すことで成功率もグンと上がります。

このページの先頭へ