任意整理と個人再生

専門家に相談する前に少しでも任意整理と個人再生について知ろう
MENU

裁判所への申請で債務の減額ができる個人再生

個人再生は、借金がかさんでしまい、返済に困った人がとれる選択肢の一つです。借金の総額が5,000万円以下であり、定期的な収入を得ている人であれば、裁判所へ行く事で、個人再生手続をする事ができます。これによって、借金の返済を3年間に分割する再生計画を立て、支払いをする事になります。
個人再生のメリットは、財産を手放す必要がない事です。他の債務整理方法である自己破産の場合は、借金の返済が免除になる代わりに、住宅や車などの財産全てを失ってしまいます。しかし、個人再生では、このような財産を手元に残しておく事ができます。住宅や車を手放したくないのであれば、有効な手段といえます。
また、借金を減額する事ができるのも魅力です。裁判所で申請をする必要があるので手間は掛かりますが、借金の総額によっては返済額を5分の1や10分の1までに減らす事ができます。返済額が少なくなれば、生活の負担が少し軽くなるので、収入がある人は視野に入れるべき選択肢です。
しかし、個人再生の手続きを取ると、債務整理の事実として、信用情報に記載されてしまいます。この結果、ブラックリストに載ってしまうため、5年から10年の間は銀行や消費者金融などからお金を借りる事ができなくなってしまいます。また、ローンを組む際の審査にも通りづらくなってしまいます。
個人再生には、メリットもある一方、デメリットもあります。債務整理をする際は、自分の収入や財産を考慮し、弁護士などのプロに相談しながら、自分に合った方法を見つける事が重要です。

このページの先頭へ